2018筑波シリーズ TTC1400第2戦参加

投稿日:

2018年5月27日は、筑波シリーズTTC 1400第2戦が、全国的に晴天のなか、筑波サーキットで開催しました。

チームTBO からは、99改め9号車の貴島選手、39号車の山本選手、56号車の堀選手が出場。白熱のバトルを期待です。

TTC1400は今回は1番最初の枠。予選開始は8時から。チームTBOの3台もアタック開始。

まず、以前から原因不明のトラブルを抱えていた9号車の症状が更に悪化。前日フリーのタイムも下回るタイムで6位。

39号車は、ポールをゲット。チームメイトの9号車や2012-2013年チャンプ11号車の不調もあって、心配だったリアタイヤに負担をかけずともポールポジションが取れてラッキー……ここまでは、、、一番ヤバかったのは39号車だったとは、このときはまだ知らず…

56号車は、タイムを上げてきており、今回もリザルトベストで11位。上とのタイム差は0.01なので、今後ジャンプアップを期待。

ライバル達は、11号車が2位、72号車が3位、64号車が4位という結果でした。

 

決勝は、気温が上がってきた正午少し前にコースイン。チームメイトからの激励を受けて、フォーメーションラップのためエンジンスタートのサイン。ところが、ここで異変が。先頭の39号車がスタートしない!?後続もスタートできないまま。

後に、燃料ポンプの電源が断線していることが判明。どうしてこんなときにでるのでしょうね。。

※この時、11号車田中千夏選手は、後続を抑えて待っいてくれたとのこと。ありがと~千夏ちゃん!

結局、39号車はスタートできずリタイア。コース外に運ばれ、レースはスタートします。

9号車は、社長が予選終了後に気合いを入れて修復して復活!絶好調になった車で、前を追いかけます。31号車64号車と抜き、ミッションにトラブルの出た72号車も抜いて2位!

そして、トップを走る11号車田中千夏選手との一騎討ち。

攻め続け最終で横に並ぶものの、抜ききれずに2位でチェッカー。

54号車は、気合いも入ったが、4号車に接触(4号車さん、ごめんなさい)し、順位を落とし9位でチェッカー。

ということで、ドラマが生まれるレースは、やっぱり生で観るのが一番。9号車の怒涛のラス2もすごかったですよぉ~是非見にきてください!

1位の千夏ちゃんおめでとう。2位貴島選手、3位八代選手、おめでとう~

最後に、39号車が決勝で走れず、悔しがっていたのは、ドライバーのみならず、担当してくれたスタッフの方も同様です。ドライバー諸兄には、そのつもりで頑張ってくださいね。

 

筑波シリーズ公式レポートはこちら

筑波シリーズ公式レポート GALLAYはこちら

筑波シリーズ公式リザルトはこちら

 

ところで、業務連絡です。著者が写真を撮れておらず画像のすくない投稿になりました。我らがチームTBOカメラマンKにしさん、良ければデータをもらえますか^^;

344+